スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明会レポ②

2009年 8月8日  周期26日目 婦人体温計     - ℃ (高温期10日目)

*治療お休み中にも係わらず、遊びに来て下さってありがとうございます*       




レポ②では、山下湘南夢クリニック(YSYC)の院長先生のお話をまとめます
年齢的なことなども言われておりますので、このレポを読んで悲観的になられる方
もいらっしゃるかもしれませんので、ご注意下さい
(あくまでもYSYC院長のお話ですので、全ての方に当てはまるとは思いません)
また、治療をされている方には当たり前と思うことも書いてありますが、ご了承下さい








最初に院長先生が言われたことは


患者さんが一番納得出来る治療をすることが大切です
ただ、それと同じだけ時間が大切だと言えます
(特に奥様とおっしゃっていました・・・)



改めて響くお言葉ですね~時間・・・時間・・・時間・・・時間!!!
置き換えれば年齢でしょーーーー!!みたいなっ
すいません、話を戻します




まずは、YSYCの治療の流れについて

タイミング法
薬物療法
AIH
AIH+薬物療法
手術法(卵管造影、腹腔鏡等)
IVF(ICSI)


YSYCでは、まずフーナー検査を行い、その結果が悪い場合のみ
精液検査をし、精液検査と併せて顕管粘液検査を行う必要もあるとのこと
(基礎体温やホルモン測定値は、卵巣機能が分かるわけではなくあくまで目安とのこと)



フーナー、顕管粘液検査に問題がない方は、AIHを3回
この3回で妊娠するの確率は、30%弱とのこと
AIHに6回失敗した場合は、ピックアップ障害を疑いIVFへ



年齢的な妊娠率としては、34~35才が40%  
35才を超えると20%減少し、40才を過ぎて2年ごとに妊娠率は確実に減少するとのこと
院長先生は、35才を超えるとを強調していました
(実際私もうすぐ35才です 彼よ聞いたかね?聞いたかねーー?!)



そしてYSYCでは、最低限の薬物しか使用しないとのこと
薬物を使用して沢山採卵出来きることによって問題が生じるとのこと
問題とは、沢山出来るから質が下がるということをおっしゃってたのでなく
先生の説明は、



卵胞は必ずしも綺麗に一つポツンとあるのではなく、いくつも重なり合ってるもので、
(実際の画像を見ながらの説明)
細い針で適切な場所を把握し、傷をつけないように一つ一つ採卵する技術は非常に難しく、
精神力、集中力がとても必要とのこと
もちろん20個あれば、その20個誠心誠意込めて採卵を行うけれど、数少ないものを
集中して採卵するのとは違い、やはり人間なので差が出てしまうとのこと
また、薬物を使用すると次周期に機能しなくなることが多いので、薬物は注意しながら
最低限に抑えるとのこと




え・・・そんなんでいいの?患者さんからしたらどれも一つ一つが大切な卵なのに・・・
とも思いましたが、実際の現場では致し方ないんでしょうかね



私的に興味深かったのは、YSYCでは、
体全体のバランスを整え、臓器の自然治癒力を増加させる鍼灸、漢方などを積極的に
取り入れてるとのこと



説明会で横浜薬寿堂薬局譚定長先生をお招きして特別講演をされてる時もあるそうですが、
今回は残念ながらいらっしゃいませんでした
(次回9月13日の説明会にいらっしゃるようです)



クリニックによっては、漢方はだめ、針灸は意味がないという先生もいらっしゃるかと
思いますが、私的には西洋医学と東洋医学、両方を取り入れたいという気持ちが
ずっとあったので、この点はプラスポイントでした



またYSYCでは、遺伝カウンセリングというのを行っていて、高齢になればなる程つきまとう
不安要素、遺伝病だけでなく遺伝子、染色体に関する疑問に対応して下さるとのこと
なかなか身内にも相談しにくいことを何でも聞いて下さるとのことです
(詳しくはHPご参照下さい) 
  




以上説明会レポ、ざーーーーーっとまとめてみました
とにかく文章力も知識もいい加減なもので、まとまりがなくお恥ずかしいのですが
こんな感じ~というのだけでも伝わればと思います





実際説明会に行ってみて~の彼、私の感想は長くなったのでまた書きますね~パンダにやり♪stereo
 



 






※知識がなく間違った情報を書いてしまったり、不快な思いをさせてしまうこと
   がありましたらご指摘下さい。お詫びと訂正をさせて頂きます。 





ポチっと応援して頂けたら嬉しいです♪
男性不妊   
ご訪問ありがとうございます♪

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
動物愛護管理法改正の要望書
ご協力いただけるとうれしいです。
プロフィール

もも

Author:もも
Blogを通して同じ悩みを抱えたお友達が出来たら嬉しいです♪
IVFにステップアップしました!

住まい  神奈川県

もも:36歳
王様:34歳

治療暦
      
2008年1月  レディースクリニック
          で不妊治療開始

2008年2月  タイミング1回目×
2008年3月  タイミング2回目×
2008年4月  タイミング3回目×
2008年5月  タイミング4回目×
2008年6月  タイミング5回目×
      彼 高熱で入院
2008年7月  タイミング6回目×
2008年8月  タイミング7回目×
2008年9月  卵管造影検査
          問題なし
          タイミング8回目 
          (検査後1回目)× 
2008年10月 タイミング9回目 
          (検査後2回目) ×
2008年11月 タイミング10回目
          (検査後3回目) ×
       彼 高熱で再入院
2008年12月 タイミング11回目 
          (検査後4回目)×

2009年1月  AIH1回目
          (検査後5回目)×
      彼 高熱で再再入院
         精液検査 
         乏精子症の疑い有
2009年2月  AIH2回目
          (検査後6回目)×
         精液検査
         ほぼ数値変わらず

*治療お休み期間突入*

2009年3月  自己タイミング ×
2009年4月  自己タイミング ×
2009年5月  自己タイミング ×
2009年6月  自己タイミング ×
2009年7月  自己タイミング ×
2009年8月  自己タイミング ×
2009年9月  自己タイミング ×
2009年10月  自己タイミング ×
2009年11月  自己タイミング ×
2009年12月  自己タイミング ×

2010年2月  YS夢クリへ転院
          (治療再開)
         精液検査  ○
2010年3月  フーナーテスト
            1回目 ×
          フーナーテスト
            2回目 ×

2010年4月  AIH1回目 ×
         精液検査  ×
2010年6月  採卵(1回目)
         精液検査  ×  
         成熟卵3個結果
         (顕微授精)
         ①3日目分割停止
         ②5日目胚盤胞
         ③6日目胚盤胞
2010年7月  採卵(2回目)
         精液検査  ×
          成熟卵3個結果
         (顕微授精)
         ①5日目胚盤胞
         ②5日目胚盤胞
         ③凍結ならず
         未成熟卵1個結果
         (顕微授精)
         ①5日目胚盤胞

5個の胚盤胞を凍結保存中

2010年8月  移植
2010年8月  陽性判定      

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
お友達ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。